カテゴリー


フリーエリア

このサイトでよく使う用語解説のページ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

あわせて読みたい


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


RSSリンクの表示


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
611位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

DATE: CATEGORY:読書論
私たちが本を書店から一冊買ってきて読んだとします。

その時我々はどのように効率的にその本の内容を自分の物にして行くのでしょうか。

まるごと頭にコピーする、ということは不可能ですし現実的ではありません。

私がよくやる方法はアンダーラインしてその内容の見出しを本の裏表紙に書き込む方法です。

とりあえず自分にとって重要な内容はこの本に限ってはこれだけと決めてしまいます。

すなわち自分にとって重要と思う物のみに限定することです。

これは多数の本を読み飛ばして行く時再読する部分を際立たせるため時間の節約になります。

この自分の本の中からの見出しとしての切り出しは、本の内容の中ではあくまで一部分です。

従って本当に本が私に知って欲しいことはもしかしたら自分に抜け落ちているかもしれません。

つまり私自身の読解力が重要ということになります。

たくさんの本を読んで行くためには重要な所、特に自分にとって重要な所のみに力点をおくのは当然のこと。

ただ気づいておきたいことは、重要な所と思わない所は常に自分にとって死角となっていることです。

その死角の存在は常に気を配っておき、その自分の知らない世界へも敬意を払っておく必要はあります。
関連記事
スポンサーサイト

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

コメント

知的生産技術 手帳

はじめまして
本の内容の把握は大変ですよね
私は手帳に要約しています
と言うか必要事項を手帳に書き入れて
管理しています
でも
この手法のほうが効率的ですね
一度試して今たいと思います

今後も時々遊びにきますので
よろしくお願いします

はじめまして

写真も手帳も愛用しています。
どちらも甲乙つけがたいですので。
読書を楽しむためのツールですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

プロフィール

avit(アビット)

Author:avit(アビット)
30代 男

RSSフィード

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

copyright © 2017 30代からの知的生産・Evernote・ノート術・手帳術 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。