FC2ブログ

カテゴリー


フリーエリア

このサイトでよく使う用語解説のページ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

あわせて読みたい


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


RSSリンクの表示


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4725位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
690位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

DATE: CATEGORY:雑感
最近は苫米地理論の
抽象度を用いて考えることが多いのでお金と自分の感情の抽象度について考えてみました。

すると自分の感情はかなり抽象度が低いことがわかってきました。
すなわち、自分の感情はコントロールすることが部分的には可能ではないかということです。

昔は感情に振り回されて1日嫌な気分でいたりしたものですから
これはかなりの進歩と考えることができます。

しかしながら、お金は未だ抽象度が高いと感じてしまいます。

まだまだお金に自分が操作されてるなと感じるところが多いのです。

しかし、感情を克服することで
お金の抽象度を超える可能性も
全くないわけではありません。
つまり、糸口はある。


例えばご飯を食べたりアミューズメントパークに行くなどお金を使うことで楽しさなどの娯楽を買うことはできます。

そこでお金を使わないとすると
楽しさが失われるということになります。
その失望感という感情を
完全にコントロールすればお金を使わなくても良いということになり、お金の抽象度に手が届くともいえるのです。

まあしかし、自分は娯楽に行かなくてもいいと思っても、家族がどうしても行きたいとか、世間体などなかなかうまくいかないのが現実です。
じゃあ今月何万稼がないと
という話になってしまいます。

トホホな話です。

お金の世界というものは
自分以外にも家族や世間などいろいろな方向に手が伸びていることがわかります。
本当に恐ろしい奴です。
関連記事
スポンサーサイト

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

プロフィール

avit(アビット)

Author:avit(アビット)
30代 男

RSSフィード

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

copyright © 2018 30代からの知的生産・Evernote・ノート術・手帳術 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。