FC2ブログ

カテゴリー


フリーエリア

このサイトでよく使う用語解説のページ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

あわせて読みたい


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


RSSリンクの表示


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3344位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
482位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

DATE: CATEGORY:雑感
とある研究で、アメリカの低所得者は発展途上国の同レベルの低所得者と比べても幸福感が低いという結果が出たらしいです。

これはどういうことでしょうか。

私の考えでは・・「隣の柿はとても赤い」事からきていると考えています。

発展途上国では低所得者がとても多いために、隣人も同レベルの生活をしているものと思われます。

そのため皆が同じ生活で、医療や年金で困ることはあれど、比較対象で不幸感を強めることが少ないのでしょうか。

それに比べアメリカは非常に貧富の差が激しいことで知られています。

テレビでは豪遊するセレブが毎日のように映し出されます。

アメリカンドリームと銘打った夢のような生活が近くにあるにもかかわらずそれが手に入らない不幸感。

これが低所得者の不幸感の源泉ではないかと感じます。


中国も「裕福になれる人から先に裕福に」を推し進めてきたため、この傾向が強まっている可能性があります。

たしか中国も日本に似て幸福度が低いという結果があったように思います。


これらから得られる教訓は「他人をうらやまない」ということに尽きると思います。
つまり「人は人。自分は自分」に他なりません。

依然書いたエントリー「幸せの定義」も参考にしてください。

より金を持てばより裕福になる、これも半分は本当でも半分は幻想といえると思います。

これからの時代は昔の価値観に踊らされることなく自分で考えて自分の納得する価値観をつくり行動することがむやみに不幸感を持たないために必要とされていると強く感じます。

振り子からの解放」という記事があります。
振り子というのはジョエルバーカー氏に言わせれば「パラダイム」でしょう。

これに試しに
振り子=「より金を持てばより裕福になる」という幻想 

と入れて読んでみると、何か得るものがあると思います。


関連記事
スポンサーサイト

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

プロフィール

avit(アビット)

Author:avit(アビット)
30代 男

RSSフィード

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

copyright © 2018 30代からの知的生産・Evernote・ノート術・手帳術 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。