カテゴリー


フリーエリア

このサイトでよく使う用語解説のページ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

あわせて読みたい


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


RSSリンクの表示


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
429位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

DATE: CATEGORY:メモ術、ノート術、手帳術
IQは皆さんご存知の知能指数です。

これが高いほど情報処理能力も高いとみなされます。

またこれは幾分努力で変動することも言われています。

IQテストの中でも定番のものが、図形のパターンを見抜いたりするタイプです。

こんなものが実社会に役に立つのか、なんて思いますが決して侮れません。


朝9時から夕方5時まで持ち場に立っていて、仕事を言われたらその仕事を行うという勤務があったとします。

仕事は言われなければない、ということでモチベーションは保ちにくいですよね。

最初のうちは仕事があれば動きますが、なければボーっと立っていたり、隣人と雑談をして過ごすでしょう。

しかし情報をパターン化することに長けていれば、どんな時間帯にどんな仕事を言われるかわかってきます。

そのため前もって何をしておけばよいのか、どの時間帯に休んだらいいのかなど、効率的に動くことが可能になってきます。

手帳やノートは自分の行動記録や他者の動きを簡単にメモったりまとめたりすることに役立ちます。

これを続けていくことで、だんだん他人との動きに差がついてきます。

上司は単純な仕事ながらも効率的に動く部下がはっきりしてくると、その部下により高度で責任のある仕事を任せるかもしれません。

いわゆる昇進です。

パターンを見抜いて予測して効率よく動くことは昇進のキーになりうることも納得できると思います。


さて図形のパターン認識問題の話に戻りますが、一見カオスで法則のないようにみえることでもパターンを見出す訓練をすることで、このパターン認識力は上がっていくと思われます。

最終的にはノートや手帳に頼らなくても頭の中でパターンを見つけ出し計画的に行動できる可能性も開かれています。

すなわちIQの向上が見込めるということです。
関連記事
スポンサーサイト

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

プロフィール

avit(アビット)

Author:avit(アビット)
30代 男

RSSフィード

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

copyright © 2018 30代からの知的生産・Evernote・ノート術・手帳術 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。