カテゴリー


フリーエリア

このサイトでよく使う用語解説のページ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

あわせて読みたい


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


RSSリンクの表示


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
611位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

DATE: CATEGORY:evernote
誰しもデータが思い通りに取り出せたらと感じています。



ラクして成果が上がる理系的仕事術 (PHP新書)ラクして成果が上がる理系的仕事術 (PHP新書)
(2006/05)
鎌田 浩毅

商品詳細を見る


京都大学教授の鎌田先生の本に、「岩石情報について記号化してフィールドノートに記入する」
というのがありました。

詳しくは著書127ページをご覧いただきたいのですが、要約すると、

地図に4ケタの数字を割り振る
岩石にアルファベットの文字を割り振る
ノートに数字とアルファベット、それに関する情報を記入する。

といった感じです。

それにより岩石から採掘場所、そこへ出張したデータなどがイモヅル式に取り出せるようです。

アナログでも十分効果はありそうです。


ただこれを参考にEvernoteを活用することもできそうですのでここで紹介しました。

一元管理はEvernoteの得意とするところです。

Evernoteにできる情報の地図も参考にしてください。



今自分がしているのは論文をダウンロードするとEvernoteに310111-1(何月何日の1番目)などと記号を振り保存し、それに関係するトピックのノートにリンクとして貼りつけたりしています。

鎌田先生の本によくあるクロスリファレンス法によく似ています。

最近のPDFはPDF内で単語検索もできるので、
Evernoteのノートに 「新しい研究 310111-1 most reports(後半の文字を検索にかける)」
と記しておけば、それを辿って必要な情報に辿りつくようにしています。


応用範囲の広そうなテクニックです。

関連記事
スポンサーサイト

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

プロフィール

avit(アビット)

Author:avit(アビット)
30代 男

RSSフィード

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

copyright © 2017 30代からの知的生産・Evernote・ノート術・手帳術 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。