FC2ブログ

カテゴリー


フリーエリア

このサイトでよく使う用語解説のページ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

あわせて読みたい


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


RSSリンクの表示


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3850位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
549位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:evernote
今、社会は激動の時代を迎えています。

大学にほぼ全員が入れる、しかしその大卒という一種の資格が就職にも必ずしも通用しない。

昔ならOKと言われる勉強量でも就職競争率の激化のために昔以上の努力が強いられるかも知れません。

理由はいろいろあります。

IT化でこれまでは業界ランキング10位でも飯が食えていた頃と比べて今はランキング1位(しかも海外の会社も入れて)が総取りする時代です。

新興国の労働力レベルが上がってきたのもあるでしょう。工場で多くの仕事は機械が行い、残りの人間のできる仕事は新興国の労働力で問題なく行える。

高い賃金で日本人を雇う必要がなくなるでしょう。

この二つで考えても、ハイレベルの仕事はIT化でアメリカ等のトップ企業が富を貪り、誰でもできる仕事は新興国への工場誘致などで日本国内の仕事が減って行くことが明白です。

間違いなく自らの能力を人並み以上にあげる必要があります。

誰を目標にするのか。
もちろん過去の自分よりもというのは重要です。

昨日より今日前進したことを褒めて次への原動力としたいものです。

続いては現在隣に座っている同僚よりもというのが直近の目標とすると良いと思います。

頭角を現すことが上から認められるためには欠かせません。


最終的には国家の垣根を越えて競争力を高めていかねばなりません。

労働力として国際的に価値を高めること、それができなければ他国に仕事を取られることにもなってしまいます。


私のオフィスにはアジアからの優秀な人材が豊富におり、英語はもちろんのこと頭も相当切れます。

辛いです(汗)。

とにかく海外に居ると日本がなぜ斜陽の位置に立たされているのか実感します。


手帳だろうがノートだろうがEvernoteだろうが使えるものは全部使ってぶち当たるしかないのだろうと思います。
関連記事
スポンサーサイト




興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

プロフィール

avit(アビット)

Author:avit(アビット)
30代 男

RSSフィード

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

copyright © 2019 30代からの知的生産・Evernote・ノート術・手帳術 all rights reserved.Powered by FC2ブログ