FC2ブログ

カテゴリー


フリーエリア

このサイトでよく使う用語解説のページ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

あわせて読みたい


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


RSSリンクの表示


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4725位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
690位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

DATE: CATEGORY:twitter
ツイッターにはたくさんの名言が流れています。

なぜか?
これはツイッターの読み手が前向きな言葉を受け入れやすいという事情があります。

仮に不満や悪口ばかりを乗せる人がいたら誰もフォローしないでしょう。

悪口はたとえ自分に向けられていなくてもなんとなく自分にネガティブな感情を植え付けるため、無意識に避けてしまうからだと考えられます。


そしてこのツイッターの社会はこの点で現実の社会と大きく違いがあります。

たとえば仕事場の給湯室で雑談をするときに故人の名言を引用することがあるでしょうか?

せいぜい上司への不満を口にするのがオチです。

また2ちゃんねるを始めとする掲示板も同様に他人への不平不満であふれています。


つまりツイッターは現実で起きない会話、要はちょっと歯が浮くような奇麗事が平気で語れるところのようです。

それは我々の無意識にも大いにポジティブに働くと考えられます。

朝からポジティブな声かけをする人たちもいますし、寝る前にこちらが何もよいことをしていないのにありがとうと語る人もいます。

私がツイッターに引き込まれるところはそんな点でもあります。

現実にはあまり口にするのが恥ずかしいような前向きなメッセージを他人に送れるからです。

他人に投げかけていますが、脳は人称を識別しないため同時に自分に投げかけることにもなります。

いわゆる肯定的なメッセージを自分に言い聞かせる、アファメーションの効果が期待できるのです。

試しにツイッターの中だけでも前向きな自分を演じてみてください。

現実社会でも前向きな自分に気づくかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

プロフィール

avit(アビット)

Author:avit(アビット)
30代 男

RSSフィード

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

copyright © 2018 30代からの知的生産・Evernote・ノート術・手帳術 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。