カテゴリー


フリーエリア

このサイトでよく使う用語解説のページ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

あわせて読みたい


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


RSSリンクの表示


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
611位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

DATE: CATEGORY:抽象思考
苫米地先生の言う「この世は幻想」という言葉。
私にとっては最近気になっている表現です。

幻想というとなんだ夢か?と感じてしまうわけですが、
脳科学的に脳が眼前の物を全く同じように認知するわけではないことが裏付けとなっているようです。

物理世界はもちろん情報の源として存在しますが、目で見ているものは情報世界であり、必ずしも一致しない。
そのため目の前にあるにもかかわらず「新発見をした」という面白いことが起こる。

つまり個人個人の見ているものが同じようでいて違う。
そしてそれは社会の枠組みや文化、言語、価値観に影響されている、ということです。



しかし同じようなことがこれまでの本にも別の表現で書かれているのに気付きます。

パラダイムの魔力という本のアマゾンの書評に以下のように書かれていました。
パラダイムの魔力―成功を約束する創造的未来の発見法パラダイムの魔力―成功を約束する創造的未来の発見法
(1995/04)
ジョエル バーカー

商品詳細を見る


以下抜粋
「パラダイムの重要な特徴は、

1、パラダイムはどこにでもある
2、パラダイムは役に立つ
3、パラダイム効果は「見ると信じる」の常識的な関係をくつがえす
4、ほとんどの場合、正しい答えは二つ以上ある
5、あまりに深く根付いたパラダイムの中にいるとパラダイムの麻痺を起こす。これは確信という名の疫病である
6、激動の時代にはパラダイムのしなやかさが最善の戦略になる
7、人間は自分のパラダイムを変えることができる

パラダイムの特徴から目をはなさずに、柔軟な視点で未来を予知し、パラダイムの転換に備えることが大切である。」

我々の見ているものが必ずしも絶対ではない。

そして社会の激変が起きた時このパラダイムの変化が起こる。

それについていくことが時代の波に取り残されない道である。

これを常に念頭に置いて情報収集すべきであると。

それはとりもなおさず「前提を疑う」ということです。

前提を疑うためには物事を抽象的にみる必要があり、それを可能にするには日頃からの抽象思考を鍛えることが必須となる・・・というように理解しています。

パラダイムの魔力―成功を約束する創造的未来の発見法パラダイムの魔力―成功を約束する創造的未来の発見法
(1995/04)
ジョエル バーカー

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

プロフィール

avit(アビット)

Author:avit(アビット)
30代 男

RSSフィード

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

copyright © 2017 30代からの知的生産・Evernote・ノート術・手帳術 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。