カテゴリー


フリーエリア

このサイトでよく使う用語解説のページ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

あわせて読みたい


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


RSSリンクの表示


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
429位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

DATE: CATEGORY:雑感
これまで、特にバブル時代の日本では年収が多いほうが幸せと思われてきました。

確かに自由に使えるお金が多いほうが自由にできることが増えることは違いないでしょう。

しかし、最近の研究ではそれに疑問を投げかける結果が出ています。

アメリカのブリストン大学の研究で、45万人分のデータを下に収入と幸福感について調査したそうです。

結果として年収約600万までは、稼ぐお金が増えるにつれ幸福感が高まる結果でした。
しかしそれ以上年収が増えても幸福感が高まらなかったそうです。


これからいえることはどうでしょうか。

年収が600万より低いと、健康や住まい、食事、教育費などの選択が狭まる可能性がある。

それらは生活において欠かせないものだから、不足になると幸福感へマイナスの影響を及ぼす。
これは認めざるを得ない事実かもしれません。

しかし年収600万以上稼ぐ人は責任やリスクが大きくなるため幸福感が増大しないのではないか。
仕事のプレッシャーの重みで多少着るものや車がグレードアップしても幸福感を増大させないのではないか。

また年収が1000万超えてきたら社交関係も変わり、周りに更なる金持ちがいて、相対的に幸福感がなくなるのかもしれない。

マルチ商法で成功者がクルーザーに乗って部下を読んで見せびらかし、幸せ全開に見せるが虚構と思ってみるのもよし。

少なくとも結果からは年収6000万の人が600万の人の十倍幸せと言うことは決してないといえる。

またこんな考え方もできます。

現時点で年収400万であれば、年収を増やすために仕事時間を増やしたり、転職を考えたり、スキルアップすることで幸福を得るチャンスがあるかもしれない。

しかし年収600万の人は年収を増やすためにもし今ある幸福を捨てる必要がある場合はムリしないほうが良い、かもしれない。
つまり年収を上げるために家族と離れなければならないとか、健康を害する可能性があるとかです。

さらにはこんな考え方もできるでしょう。

「やはりお金が全てではない」

モチベーションに関わる問題なのでわざと結果を都合の良いように考えてもかまわないでしょう。

そしてもしお金で買えない幸福を感じているなら、それは非常に価値のあることなのでそれを大事にしたほうが良い。

私もノート術や手帳術、マインドマップなどを通して知識が増え、新しいものの見方ができるようになり、新しい分野に興味を持つようになった自分に満足しています。

これもまたお金に換え難い重要なものです。

このアメリカの研究結果からはある程度お金が幸福に影響すると言えますが、私にとってはお金が全てではなくそれ以上に重要なものがあり得ることを気付かせてくれる(スコトーマを外してくれる)貴重なものです。
関連記事
スポンサーサイト

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

プロフィール

avit(アビット)

Author:avit(アビット)
30代 男

RSSフィード

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

copyright © 2018 30代からの知的生産・Evernote・ノート術・手帳術 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。