カテゴリー


フリーエリア

このサイトでよく使う用語解説のページ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

あわせて読みたい


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


RSSリンクの表示


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
292位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

DATE: CATEGORY:evernote
読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング
(2008/12/05)
奥野宣之

商品詳細を見る

読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング

を読みました。

これも奥野氏の本で、A6ノートに抜書きや感想を書き溜めていこうというものです。

さすがに情報収集に長けた人であり、知の蓄積を促すいい本だと思います。

しかし、依然としてメモに抜書きしたり、それをパソコンに入力する手間が問題になってきます。


私は、本の後ろにある空白のページを目次ページとしてそこに要点や感想をいれます。本を読んだらなるほどと思うところに超メモ術を使ってマーキングをしておき、読み終わった後はその目次ページ(超メモの)をEvernoteにiphoneを使ってスキャンしていれておきます。

後日時間のあるときに、そのスキャンしたメモの上にキーワードを打ち込んでおき保存します。

こうすれば自分が思い出したいことや調べたいことがありEvernoteで検索すれば、どの本にどんな内容が書かれているか一目瞭然です。

もちろん本のすべてのページをスキャンする方法もありその場合は家に戻って本を探す手間が省けますが、現時点では非常に手間がかかるかもしれません。
また検索をかけるとノイズが増える問題があります。
もし情報の場所がわかるだけならこの方法がベストかと今の自分ではそう思います。

本はマーキングしたり書き込みますので家においておく必要があります。
おまけに書き込みするので中古として売ることもできません。
この方法なら極力死蔵するのをふせぐことができアナログとデジタルの両面のいいとこ取りができる方法なのです。

こちらに続編を書いています。

evernoteに読書ノート
関連記事
スポンサーサイト

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

プロフィール

avit(アビット)

Author:avit(アビット)
30代 男

RSSフィード

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

copyright © 2017 30代からの知的生産・Evernote・ノート術・手帳術 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。