FC2ブログ

カテゴリー


フリーエリア

このサイトでよく使う用語解説のページ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

あわせて読みたい


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


RSSリンクの表示


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3850位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
549位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:evernote
ついに、というかやっとというかEvernoteの活用を始めました。

これまでとにかくアナログでメモをつくり、またアナログの超メモ術でデータを整理していましたので、デジタルはいらないのでは、ということであまりEvernoteには興味を示しませんでした。

超メモ術では、一冊以上のメモに対しては検索機能が弱くなってきます。

それでメタノートをつくり、知りたい内容がどの手帳にあるのかをまた超メモ術をつかって作っていました。

要は超メモ術を重ね合わせることで対応していたわけです。

自分なりにうまくできた方法だと感じていましたが、Evernoteを使ってみると以外にそれ以上のことが簡単にできることに気づきました。

Evernoteは紙のデータにも非常に相性がよいのです。

超メモ術でA6ノートにマインドマップやメモを書き溜めておき、先日公開した目次ページをスキャンします。

(スキャンはIphoneで写真をとる形で可能)

日本語を手書きで書いたものは現時点ではまだ活字化されないようですので、スキャンしてできたPDFの上に目次のなかのキーワードをざらざらと打ち込んでおきます。(無理して目次ページをスキャンしなくてもキーワードさえ打ち込めば十分ですね)
これが将来自分で検索したとき、その手帳をとりだして、見ればよいわけです。

たとえば、ノート術に関して自分の過去のメモを見たいとします。

Evernoteに「ノート術」と打ち込むと、1008のメモの目次ページが出ると。

そうすれば1008(2010年の8番目のメモ)にノート術のことが書いてあることがわかりますから、メモ巻末の目次をみて超メモ術でその該当ページを探し当てるわけです。

この場合の手間はそれ程大変でもないです。
メモの場所情報は101028という日付など使わなくても、何冊目のノートにあるということだけで、あとは超メモ術ががんばってくれます。

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」
で言われていることは、これでいけます。

つまり、A6ノートに書きまくって、著者はテキストファイルでどこに該当データがあるかをPCに入力していましたが、そこが面倒くさいと言われていたところでした。

Evernoteにそれを入力し、しかもメモ帳の裏に超メモ術をつかえばその労力をかなり節減できるということです。

もちろんメモすべてをEvernoteに入れるもそれでよし、ですが、そのあたり使う人それぞれでしょうか。

将来的にはどうするかわかりませんが、現在は紙とデジタルのハイブリッドで行ってみるつもりです。


ペーパーレス化実現!ビジネス必携の「手帳」サービス エバーノート Evernote 完全活用術 Windows & iPhone両対応!ペーパーレス化実現!ビジネス必携の「手帳」サービス エバーノート Evernote 完全活用術 Windows & iPhone両対応!
(2010/05/28)
小幡 惠、花岡 貴子 他

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト




興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

プロフィール

avit(アビット)

Author:avit(アビット)
30代 男

RSSフィード

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

copyright © 2019 30代からの知的生産・Evernote・ノート術・手帳術 all rights reserved.Powered by FC2ブログ