カテゴリー


フリーエリア

このサイトでよく使う用語解説のページ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

あわせて読みたい


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


RSSリンクの表示


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
2995位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
396位
アクセスランキングを見る>>

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

DATE: CATEGORY:抽象思考
この前は全てはシステムである、という内容で書きました。

システムというのはいわばルールです。

社会はルールに沿って動いています。
社会を構成する一つ一つ、会社や家族、個人もそれぞれのルールが有り、それを守ることで社会的な生産が行われていると言えます。

それでは自分が決めたシステム、ルールは誰が守るのでしょう。
自分が教師であれば生徒が守るでしょう。
自分が医者であれば患者が守るでしょう。

社会の話であれば社会での役割においてルールを設定し、守られていく。

総理大臣なら日本中がそのルールを守ることになります。
すごいですね。

自分の影響力が強ければ強いほど、他者に対して強いルールを設定し守らせることができます。


このブログの趣旨は基本的に自己啓発によって自分の力を高めていくことです。

個人に対してのルールという観点から手帳術などのシステムを考えていくとどんな感じになるでしょうか。

個人に対しての決まりとは、例えば明日から毎日ジョギングしようなどという習慣という名のルールが当たると思います。


このルール、設定したら守るのは自分ですが、・・・ちゃんと守れますかね(汗)

設定したルールを守る力が意志の力、実行力というものです。
この力を継続する、継続力が最終的な結果という果実を作るということになりそうです。

その実行力を培うためにどうするのかということでの手帳などの自分を律するツールが必要とされている所以なのだと思います。
関連記事
スポンサーサイト

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

DATE: CATEGORY:抽象思考
全てはシステムの中で動いています。

自分のシステム
社会のシステム
自然のシステム

その中で、言わばルールの中で物事は展開されています。

私たちは無意識にその中で暮らし、それにリアリティを感じ生活しています。

それらは私たちに良い結果を生み出すこともありますが、大抵はそれに踊らされ、苦しむことが多いです。

自分の周りに取り巻くシステムは何なのか、それに気づくことが第一歩です。

それに気づけば、自分がこれまで何に踊らされてきたかがわかる可能性があります。

自分の中で何々がしたいという欲が起こった時、そのシステムがどう作用したのか。

次はどうすればその枷から逃れられるのかの戦いが始まります。

そして次のレベルは自分でシステムを作ることです。
これは狭い意味では自分の新しい習慣を作るようなものでもあります。
広い意味では強固な社会インフラを作り出すことまで範疇に入ります。

気づいて、次に抜け出る、そして最後は作り出す。
自分の世界が変わって行く瞬間です。
関連記事

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

DATE: CATEGORY:evernote
抽象度が高い仕事にするためには情報をどう捉えていくべきか。
Evernoteをはじめとするクラウドメモの山の中からどう必要な情報を見つけ出すか。

今はパソコンをいじりながらそう考えています。

ひとつのメモに大きな価値を載せる。

「メモ」で検索 私の場合はこれで紙で書いたメモが釣り出されます。

「メモ ブログ」
この検索ではブログに将来載せたいブログネタの卵のようなものが出てきます。

「メモ ルール」
この検索では ノートの一つ一つにどうタグというか名前を付けるかが書かれたメモがでてきます。

「ルール」
この検索では仕事、遊びに限らず自分の設定したあらゆるルールが出てきます。

必要な時に必要な情報を一本釣り、あるいは候補を引っ張り出し、吟味する。
スピードと質の高い作業への足がかりとなります。

これだけのことがほとんど無料で実現する世界は不思議です。

電子化されたメモは様々なサービスとインフラの整備、また他人のアドバイス、自分の経験も合わせてここまで進化しました。
関連記事

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

DATE: CATEGORY:雑感
自分が将来何になりたいのか、自分の目標を壁に貼るという行為があります。

私は若い頃これをほとんどしたことがありませんでした。

何かストイックな感じがしたからです。

今改めてその行為について考えてみると中々効果があるものと思います。

言葉にはその言葉自体世界を持っていて、周りをその方向に引っ張るという特性があります。

その張り紙を毎日見ることで自分の今必要とされていることがはっきりし、その方向を常に明るく灯すという効果です。

今日それを思ったのは、机においてあった備忘録「カードを提出」というメモを目にしたからです。

これは非常に小さな目標で、ようを足せばゴミになるものです。

それを自分の将来の目標という大きな事柄に対して掲げれば、それが達成する長い年月に対してそのメモというか張り紙が作用します。

メモも張り紙も本質は一緒ということです。
関連記事

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

DATE: CATEGORY:evernote
おひさしぶりです。

日々知的生産を頑張っているのですが、こちらのブログがなかなか更新できずじまいでした。

でも少しでも社会に、ネットに情報を蓄えてゆくことは社会のためにも少しはお役に立てることもあると思います。

気づきは少しでもメモって記事に上げていきたいと思いますのでお願いします。
関連記事

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

DATE: CATEGORY:読書論
私たちが本を書店から一冊買ってきて読んだとします。

その時我々はどのように効率的にその本の内容を自分の物にして行くのでしょうか。

まるごと頭にコピーする、ということは不可能ですし現実的ではありません。

私がよくやる方法はアンダーラインしてその内容の見出しを本の裏表紙に書き込む方法です。

とりあえず自分にとって重要な内容はこの本に限ってはこれだけと決めてしまいます。

すなわち自分にとって重要と思う物のみに限定することです。

これは多数の本を読み飛ばして行く時再読する部分を際立たせるため時間の節約になります。

この自分の本の中からの見出しとしての切り出しは、本の内容の中ではあくまで一部分です。

従って本当に本が私に知って欲しいことはもしかしたら自分に抜け落ちているかもしれません。

つまり私自身の読解力が重要ということになります。

たくさんの本を読んで行くためには重要な所、特に自分にとって重要な所のみに力点をおくのは当然のこと。

ただ気づいておきたいことは、重要な所と思わない所は常に自分にとって死角となっていることです。

その死角の存在は常に気を配っておき、その自分の知らない世界へも敬意を払っておく必要はあります。
関連記事

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

DATE: CATEGORY:潜在意識
我々の近くには膨大な知識を蓄えるGoogle 検索というものがある。

つまり、我々は常にあらゆる知識にたどり着くことができる。
しかし、実際にはそのほとんどの知識は我々は目にすることはない。
なぜかというと、その知識を検索しようとしないからである。
今もし自分が旅行や車など贅沢品に気持ちがいってるならば、それに関することしか検索しない。

つまり人間は自分の興味のあるものしか見ようとしないし、見えないのである。
それではその認識の方向性を決めるものは何なのかそれが自分の性格である。
性格といってももっと広い定義で
考える。

自分のこれまでの
経験
知識
他人から受けた影響

それらが意識的にも無意識的にも
検索しようとする世界に関連しているのである。
関連記事

興味のある記事は目次ページでお探し下さい。Evernote、手帳術、メモ術、速読、記憶術など。

ブログ内検索

最近の記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

リンク

プロフィール

avit(アビット)

Author:avit(アビット)
30代 男

RSSフィード

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

copyright © 2017 30代からの知的生産・Evernote・ノート術・手帳術 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。